2009年04月10日

2009.04.10 投資物件3号B101

今週たてつづけに違う不動産業者から連絡が入りました。
最初はアパートを管理している会社から。
『B101が5月頭で退去になります。以降同じ条件で募集をかけてよいですか?』
→『1000円下げて出してください』
こちらはAの2部屋がずっと入居が付かないので試しに下げてみました。

また違う不動産業者からは、投資物件4号の入居の申込みが入りましたとの事。
『5000円くらい下げて欲しいとの注文が入ったようですが、どうします?』
→『2000円までなら下げていいですよ』と。


現在の状況
投資物件1号 入居中
投資物件2号 入居中
投資物件3号A号棟 102 201入居中 101 202空室
投資物件3号B号棟 102 201 202入居中 101退去予定
投資物件4号 4/25入居予定


アパートの入居率は劣等生っぽいですが、他の単価の大きな区分所有が満室になる事は大きい。
特に投資物件4号は一番単価が大きいので早く決まって欲しい。
5/8の入居率になってしまうアパートの立て直し策は…
地デジ化…こちらの対策は、起業の時に仕入れた知識で行動してみよう。
地デジの続き。

市役所へ電話した。
住所を伝える『ふじみ2丁目22番地12』と。
担当者は『そちらは東電さんの電波障害になるので助成金や補助はないですね』と。
基地の電波障害とかだと対応が可能な課があるらしいが…

残る手段は東電とNTTか。
総務省 地デジ受信方法
東電は自分でネットで調査中。NTTは高校の友人(NTT)に確認中。
posted by 寿司鍋。 at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸契約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117214319

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。